使用頻度

育毛シャンプー髪を増やす対応

近年においては若年層でも薄毛に悩んでいる人が増えています。
その影響からヘアケア商品の販売がとても増えています。
ヘアケア商品の一つとして注目されているのが育毛シャンプーです。

育毛シャンプーの各メーカーの商品説明など見ていると、使用前と使用後で髪が生えているような写真がたくさん見られます。
実際育毛シャンプーを使用していると、髪は増えるのでしょうか。

育毛シャンプーには、髪の発毛の効果はありません。
それではなぜこのような現象がおきているのでしょうか。
それは、育毛シャンプーには抜け毛の予防効果があるからです。

育毛シャンプの一番の効果は、頭皮の環境を整える効果があるということです。
男性の薄毛の場合、一番多い原因が男性ホルモンの過剰な分泌です。
男性ホルモンが過剰に分泌してしまう理由として、一般的なシャンプーでは頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまうからです。
皮脂不足を感じた頭皮は、より多くの男性ホルモンを分泌して頭皮に皮脂を生み出します。
すると頭皮が脂っぽくなり、毛穴をふさいでしまったり、必要な栄養素を十分に送り届けることができなくなってしまいます。
すると髪が成長期の途中で抜けてしまったり、毛穴がふさがることで新しい髪が生えにくくなり薄毛が進行していきます。

育毛シャンプーは頭皮に必要な皮脂を残しつつ汚れなどを落とすことができます。
頭皮に優しいアミノ酸の洗浄力を使用している場合がほとんどで、頭皮の皮脂が正常に分泌されるようになります。
すると頭皮の環境が整い、男性ホルモンの分泌を抑えることができます。
これによって、髪に必要な栄養素をしっかり送り込むことができ、抜け毛防止へとつながります。

抜け毛がすくなり髪が成長することで、髪が増えたように実感する人が多いです。
薄毛に悩む人は、頭皮の環境の悪化が原因の場合が多いからでしょう。
頭皮を触った時に、べたつきを感じる人は、育毛シャンプーにすることで改善される場合が多いです。



このページの先頭へ